結婚の破綻リスクの大きい人

婚活

結婚が破綻する原因には様々ありますが、そのリスクが高い人を挙げてみました。

ギャンブルに嵌っている人

ギャンブル依存症とは、ギャンブルがその人の人生に大きな損害をもたらすことが明白であるにもかかわらず、ギャンブルをやめることができないことができない病態です。勝ちを目指して最後には全財産を失います。ギャンブル依存症であることを隠し、最後には有り金を失ってしまうことをほとんどです。結婚の破綻リスクは極めて大きいです。病態を受け入れて結婚生活をするつもりがないのなら避けたほうが無難です。治療に積極的に参加するだけでなく、一緒に別の趣味を探したり、ギャンブルに対する認識を変えていくなどの対策ができないのなら結婚はあきらめましょう。

金銭感覚が合わない人

金銭感覚とは、金銭の使い方に対する価値観や金銭の価値に対する感覚を言います。浪費する人のことを「金銭感覚がない」という場合があります。金銭感覚が合わないことは、結婚生活を困難にさせる原因の上位にランキングされています。一般的には小さい金額とされる金銭のことで揉めたり、別のタイプとして逆に大きな出費を相談もなくするため、生活に疲弊してしまいます。

暴力を振るう人

DVとは、ドメステイックバイオレンスの略で、配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった人から振るわれる様々な暴力のことです。暴力の原因としては夫と妻の経済的な格差や、夫が妻に暴力を振るのは仕方がないという社会通念があります。暴力による直接的な苦痛だけでなく心理的な苦痛もあり、一緒に暮らすことはとても大変です。

コミュニケーション能力の低い人

コミュニケーション能力とは、「他者と円滑に意思疎通を図る」能力のことを言います。単に口下手でシャイな人ではありません。夫婦が互いの意思疎通を正確に図ることができる能力が低い人のことをいいます。口が達者でも意思疎通を拒否しているような場合はコミュニケーション能力が低いと言えます。

浮気をする人

浮気とは、夫や妻のいる男性や女性が、道徳的社会的に許されない不貞行為のことをすることを言います。周りの人を傷つけ、社会的信用を失うことにもつながります。離婚の理由とされます。

経済力の弱い人

経済力とは、個人の持つ資産や収入など経済的な能力のことです。経済力は夫婦そろっての金額で考えるべきですが、あまりにも経済力の弱い人や経済力を上げる努力をする人をしない人は避けたほうが無難です。

タイトルとURLをコピーしました